膝の痛みの症状について

膝の痛みの症状について

膝の痛みの症状としては、膝の動きに異常がある、膝が不安定に感じる、膝に水がたまる・だるく感じる、音がする、膝の周辺にこぶの様な突起が出てくる、皿の痛みや違和感がある、などがあります。

膝の痛みの症状を具体的に見ますと、膝の動きに異常があるは、こわばった様に動かしづらい、関節があまり動かない、動かすとひっかかりを感じる、などです。

膝が不安定に感じるは、膝がぐらつく、外れる抜ける感じがする、力が入らない、などです。

膝に水がたまる・だるく感じるは、膝の皿がある箇所を押すと、ぶよぶよした感じで異物感がある、膝のだるさや重苦しさを感じる、などです。

音がするは、膝を動かした時に関節からコキッという音がする、きしみ擦れるような音がする、などです。

膝の周辺にこぶの様な突起が出てくるは、骨のような硬いこぶ状のようなものが膝の周りにでてきます。

皿の痛みや違和感があるは、皿の周りを押すと痛む、皿が大きく動くような、ずれるような感じになる、膝がひっかかったように感じる、などです。

膝の痛みの原因について

膝の痛みの原因としては、スポーツやけがや事故に遭った場合、年齢による骨の劣化や摩耗による場合、病気による場合、などがあります。

膝の痛みの対策

原因を具体的に見ますと、スポーツやけがや事故に遭った場合では、スポーツ外傷と呼ばれる膝の軟骨組織である半月板損傷や靱帯損傷、スポーツ障害と呼ばれる大腿骨の外側にある靱帯の炎症によるランナー膝やジャンパー膝や膝の骨の先端部分の壊死による離断性骨軟骨炎や膝の内側にある腱の炎症による鵞足炎、年齢による骨の劣化や摩耗による場合では、膝関節の骨や軟骨が長年の使用で擦り減り変形して痛みが出る変形性膝関節症、膝の皿と太股の骨との関節に炎症が発生した膝蓋大腿関節症、膝に力が加わると脱臼してしまう膝蓋骨不安定症、病気による場合では、骨の表面に発生する良性腫瘍の骨軟骨腫、骨の内部にできる良性腫瘍の内軟骨腫、骨に発生する悪性のがんである骨肉腫、骨の軟骨に発生する悪性のがんである軟骨肉腫、などがあります。

また、膝の痛みは、これらの複合的な要因で発生する場合もあります。